自宅を空き巣から守るためには│鍵屋おすすめの防犯対策法

空き巣対策のドア

ドアと鍵

空き巣が家に侵入する方法はたくさんありますが、その中でも玄関のドアを壊して侵入するという方法があります。玄関から侵入する場合はピッキングをするというイメージがありますが、ドアを無理やり開けて侵入してくる空き巣もいるでしょう。鍵がかかっているドアを開けるためにバールなどを使用して、強引に開けることができます。慣れている空き巣ならば簡単に破壊することができるため、時間をかけずに侵入することが可能です。これを防ぐためには新しいドアと交換する必要があります。バールを入れるすき間がないものと交換すれば、簡単に開けることはできないはずです。それだけではなく、複雑な鍵がついているものと交換するという方法があります。複雑な鍵は簡単に開けることができませんから、バールを使用する方法だけでなくピッキングによる侵入を防ぐことができるでしょう。ドアを交換する際はすき間をなくすことができるだけでなく、サムターン回しをされないようなものを選ぶ必要があります。サムターンとは、内側から鍵の開け閉めをするためのつまみのことで、このつまみを回して鍵を開ける方法のことをサムターン回しといいます。この方法を行なうためには、玄関を小さく壊してその穴から針金を通してサムターンを回して中に侵入するのです。簡単に壊されないように厚みのある製品と交換するか、鍵を増設するなどの対策が重要です。空き巣による被害を防ぐためには、鍵を開けて侵入するのに時間がかかるようにすることです。空き巣は時間がかかる家に侵入することを避けるため、空き巣に選ばれないようにすることができるでしょう。

Copyright © 2016 自宅を空き巣から守るためには│鍵屋おすすめの防犯対策法 All Rights Reserved.